きいろわビズトップ > 電話で使う敬語・社会人の言葉遣い > 職場にかかってきた電話をとる時の敬語の話し方

職場にかかってきた電話をとる時の敬語の話し方

職場にかかってきた電話をとる時のビジネスマナー・ビジネス会話

職場で電話が鳴ったらなるべく早く電話に出ます。社内ルールで3コール以内と決めている会社も多いようです。早く出ることは相手を待たせない気遣いです。電話に出るときは、社名と名前、必要なら部署名を名乗りましょう。


電話を取るときの敬語の話し方
「はい、○○不動産でございます」
 とか、
「ありがとうございます。○○ストア、新宿店でございます」

電話での言葉遣いは社内ルールで決まっている会社が多いようです。部署名は必要か、電話をもらった御礼の言葉は必要かなどは、職場で確認しましょう。


電話に出るまでに時間がかかった場合は、待たせてしまったお詫びの言葉を付け加わえます。3コール以上を目安にするといいでしょう。


待たせた場合は「お待たせしました」
「お待たせいたしました。○○不動産でございます」

電話口で相手が名乗ったら、復唱し、挨拶をします。


相手の名前は復唱し確認をする
「△△商事の河野さまでいらっしゃいますね、お世話になっております」

相手の社名や名前を聞き取れなかった場合は正直に告げ、もう一度確認します。


聞き取れなかったらうやむやにしない
「申し訳ございませんが、お名前をもう一度お願いできますか?」

電話が終わるまで相手が名前を名乗らなかった場合は、のちのちの「言った言わない」のトラブルを防ぐ意味でも名前を伺いましょう。


電話相手の名前は必ず覚えておこう
「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」
電話に出たときは、ハキハキと話す。電話の声は会社のイメージにつながる。