きいろわビズトップ > 電話で使う敬語・社会人の言葉遣い > お客の前で自社へ電話をするときの敬語の話し方

お客の前で自社へ電話をするときの敬語の話し方

お客の前で自社へ電話をするときのビジネスマナー・ビジネス会話

他社との面会が終わり、その結果報告や帰社時間の連絡するのであれば、そんなにかしこまる事はありません。仲のいい同僚や部下であれば敬語を使わなくてもいい場面でしょう。しかし面会中に自社に電話する必要があれば、丁寧に連絡する必要があります。


電話の声が聞こえるかもしれない場所であれば、自社に電話するときも、丁寧な敬語を心がけましょう。


お客様の前で自社に電話をするときは、丁寧な敬語で
「営業部の田中です。お疲れ様です。今、○○建設様にお邪魔しておりますが、部長を呼んでいただけますか?」
 とか、
「今、○○建設様にお邪魔しております。○○の件で△△を希望されていますが、在庫を確認していただけますか?」

もしあなたが自社内で雑な言葉遣いをしているのであれば、それはお客様に見せるべき姿ではありません。雑な言葉遣いは、あなたやあなたの会社への不信感につながります。自社、他社ともに丁寧な正しい敬語で、にテキパキとした電話を心がけましょう。


訪問が終ったことの連絡や、結果報告をする必要があれば、外から電話をかけましょう。電話は長々とするものではありません。結果報告も手短に済ませましょう。


訪問後の自社への電話の話し方
「打ち合わせが終わりましたので、これから戻ります」
 とか、
「詳しいことは戻ってからご報告いたします」
お客様と話さないときも、お客様が見ている前では丁寧な敬語を心がけよう。