きいろわビズトップ > 電話で使う敬語・社会人の言葉遣い > 他社へ電話をするときの言葉遣い

他社へ電話をするときの言葉遣い

電話特有の敬語で話そう

電話での話し方も、ビジネス会話ならではのルールや言い回しがあります。敬語で話すのはもちろんですが、定番フレーズもあります。


ビジネスシーンで電話をするときは「もしもし」は使いません。「もしもし」の代わりの言葉で挨拶をして、その後会社名と自分の名前を名乗ります。


「もしもし」の代わりに
「お世話になっております」

頻繁に電話することのない会社であれば、少し遠慮気味に挨拶するのもいいでしょう。


「もしもし」の代わり、その2
「お忙しいところ、すいません」

挨拶の後、会社名と自分の名前を名乗ります。


社名と名前を名乗る
「○○不動産の山田でございます」

名乗り方を相手によって使い分けるといいでしょう。


できるビジネスマンは、使い分ける
初めて電話する相手なら、「山田と申します」

いつも電話している相手なら、「山田でございます」

親しい相手なら、「山田です」

担当者が出なかった場合、取次ぎをお願いします。


取次ぎ依頼の言葉遣い
「恐れ入りますが、営業部の山本様はいらっしゃいますでしょうか?」

取り次いでもらいたい相手の名前には「様」をつけるのが普通ですが、親しい関係の人には「さん」でも違和感はないでしょう。


取り次いで欲しい相手が電話口に出たら、再び挨拶をします。相手から返事が無ければ、社名と名前を再び名乗りましょう。


相手が変わったら再び挨拶をする
「お世話になっております。(返事が無かったら)○○不動産の山田でございます」

用件を切り出す前に、相手の都合を確認する気遣いができると、あなたの好感度は上がります。


相手の都合を確認する
「少々、お時間よろしいでしょうか?」

その後用件を伝えます。話が長くなることが、あらかじめ分かっていれば、具体的な所要時間を伝えるといいでしょう。

最初が肝心。声の印象を意識しよう。