きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > 依頼や誘いをうまく断る決まり文句・社交辞令集 >角が立たない断りの社交辞令・できる大人の言い回し

角が立たない断りの社交辞令・できる大人の言い回し

ビジネス会話術 - 角が立たない断りの社交辞令・できる大人の言い回し

世渡り上手なビジネスマンになるのに欠かせない、角が立たない断り方集です。相手の気持ちを理解しつつ、こちらの言いたいこともしっかり伝えてこそ、仕事でいい結果を残せます。覚えておけばきっと役立つときが来ます。



・「OK」と言わないことで、断りの意思を伝える

「お話としては伺っておきます」


「あなたの言いたいことは理解しました。しかし受け入れることはできません」というニュアンスの言い回しです。



・相手へ理解を示し、こちらの言い分も理解してもらう

「胸中はお察ししますが」


「お気持ちはわかりますが」


「おっしゃることはごもっともですが」


「お察しします」「わかります」と相手への理解を示すと、こちらの言い分の聞いてもらいやすくなるものです。



・目上の人の要求を低姿勢で断る
「ご勘弁願えないでしょうか」

「ご容赦願えないでしょうか」

上司やお客など、下手に出たほうがいい相手に使う断りフレーズです。「これ以上の値引きは、ご勘弁願えないでしょうか」といった感じで使います。



・粘ってくる相手には

「ご無理をおっしゃらないでください」


「そこを何とか」と粘り強い相手に用いる断り文句です。「できないものできない」「イヤなものはイヤ」と言いたい気持ちをグッとこらえて、大人っぽく困ってみせます。



・へりくだって断る

「せっかくですが、余りにもったいないお話なので」


「私には荷が重過ぎますので」


「私では、余りにも力不足ですので」


「自分のような者にはもったいない話」とへりくだって、相手に敬意をしめします。顔をつぶすことなく嫌な思いも与えない大人の断り方です。



・会社を盾にして断る

「社の方針でお受けすることはできかねます」


「自分の判断ではなく、会社のルールである」と断る言い回し。粘り強い相手も、会社を盾に断られたら、諦めざる得ないでしょう。贈答品の受け取りを拒否する場合なら「会社の方針で受け取れないことになっております」となります。相手の面目も保てるし、相手は自分の上司に報告しやすくなります。



・ちょっと冷たく聞こえるかも

「物理的に無理なようです」


「物理的」とは時間的、人員的、能力的など、幅広い意味を持つ言葉。「引き受けるのがイヤ」ではなくて「どうしても引き受けられない」というニュアンスを伝えるといいでしょう。



・こちらの事情が変わり、断りを入れる場合

「取り消させていただくわけにはいきませんか」


こちらの都合で、引き受けた依頼を断らざるえない場合、低姿勢でお願いする言い回しが基本になります。「実は、お約束を守れなくなってしまいまして」と事情を話しつつお願いします。



・真正面からきっぱり断る

「そのようなことは、一切お断りさせていただいております」


困った依頼、筋違いな要求は、こうハッキリと断ることもできます。



・縁談の話を断る

「しばらくは仕事に専念したいと思っております」


会社関係の人からお見合いの勧めや交際相手の紹介をされたとき、上手に断る言い回しです。異性から直接交際を迫られたときなら「仕事に集中したい時期なんだ」と自分の事情で断れば、相手も深くは傷つかないでしょう。