きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > 依頼や誘いをうまく断る決まり文句・社交辞令集 > 頼み事・要求・申し入れ・提案を断るときの言い方・言い回し

頼み事・要求・申し入れ・提案を
断るときの言い方・言い回し

ビジネス会話術 - 頼み事・要求・申し入れ・提案を断るときの言い方・言い回し

ビジネスマンは周りから様々な提案や申し入れを受けます。その提案が自分にとって必要なものなら引き受けるべきですが、申し出のすべてが必要なもののはずはなく、キッチリ断る能力が要求されます。カドを立てずに上手に断るための言い方・言い回し集です。



・縁を切らずに断る

「今回は見送らせください」


「今回は遠慮させていただきます」


仕事でお付き合いのある他社から、何らかの依頼を断るときは、いい関係を壊すことなく上手に断る必要があります。そのようなときは、断りフレーズの頭に「今回は」をつけるとマシになります。次回の可能性を期待させつつ上手に断れます。



・ビジネスで「できない」を伝える基本の言い回し

「いたしかねます」


ビジネスでは「できない」という否定的な表現が嫌われます。「できない」と伝える場合は「いたしかねる」に置き換えます。



・困った素振りで遠まわしに断る
「難しいお話ですね」

「断る」という意味の言葉を使わずに、断りの気持ちを伝えるフレーズ。こう言えば相手は察してくれます。



・申し訳なさそうに断る

「お役に立てず残念です」


断りたいけど、むげに断ると良好だった相手との関係が壊れてしまう恐れがあります。そこで、相手の気持ちを損なわないように「お役に立てず残念です」と伝えます。「力になりたいのはやまやまですが・・・」という想いを暗に届けられる言い方です。



・保留にしていた案件を断る

「よく考えさせていただいたのですが」


保留案件に最終的な断りを入れる場合に使う定番フレーズです。検討する価値があった案件や、断りにくい依頼のばあい、回答を保留にすることは往々にあります。最終的に断る場合は、「先日の案件について社内でよく考えさせていただきましたが、今回は見送りらせていただくことになりました」というような具合です。



・「ありがた迷惑」を伝える言い方

「おこころざしはありがたいのですが」


「このようなお心遣いを頂いても困りますので」


「ありがた迷惑」を大人の表現でやんわり伝えた言い回し。下心のある過剰な接待や金品の申し出を断る場面でも使えます。「おこころざしはありがたいのですが、お気持ちだけいただいておきます」といった感じです。



・共感を示すと断ったとき角が立ちにくい

「ご事情、重々お察しいたします」


「契約して欲しい」「お金を貸して欲しい」など相手が困っている立場を武器に、依頼を仕掛けてきたときに断るフレーズ。困っている気持ちに理解を示すことで、結果的に断っても相手が受けるショックは和らぎます。



・「いつも断ってる」と伝える言い方

「いろいろな方々が同じようなお話を持ってきてくれるのですが」


保険の勧誘など、よくある誘いを断る場合に使える言い回しです。「あなただけを断っているのでない」「誰であっても断っている」というメッセージも伝えられます。



・情に訴えて諦めてもらう

「こちらの事情もお汲み取りください」


相手が粘り強く交渉してきたときに、使う定番フレーズ。無理なお願い、強引なお願いには、このフレーズを言った後沈黙を決め込めば、諦めてもらえる可能性が高まります。



・関連記事
仕事ができる人の上手な謝り方・断り方(言い回し)