きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > シチュエーション別、仕事関係の人に使える常套句・言い回し > 【お悔やみの言葉】葬儀や通夜で家族(遺族)にかける定番フレーズ

【お悔やみの言葉】葬儀や通夜で家族(遺族)にかける定番フレーズ

ビジネス会話術 - 【お悔やみの言葉】葬儀や通夜で家族(遺族)にかける定番フレーズ

葬儀や通夜で家族(遺族)にかける言葉・定番フレーズ・言い回し集です。お悔やみは、遺族へのいたわりをこめながら、慎み深い挨拶を心がけたいものです。 いつもより少し小さめのトーンで落ち着いて気持ちを伝えます。



・遺族への定番のあいさつ1

「この度は、ご愁傷様です」


「まことにご愁傷様です」


不幸があった人に、悲しみの気持ちを込めて言う基本的なあいさつです。似たような言葉に「ご冥福をお祈りいたします」がありますが、「冥福」という言葉に不快感を感じる人もいるので、「ご愁傷様」が無難です。



・遺族への定番のあいさつ2

「お悔やみ申し上げます」


こちらも葬儀や通夜で使う基本的な言い回しです。「この度は急なことで。心からお悔やみ申し上げます」のように使います。手紙でも使うことができる言葉です。



・どう声をかけていいか分からないときは
「心中、お察しいたします」

故人の親族にかける慰めの言葉です。突然の死に悲しむ親族を目の当たりにすると、どう声をかけていいのかわからなくなってしまいます。そんな悲しみの深い場面では、多くは言わずに「心中、お察しいたします」とだけ伝えればいいでしょう。



・思いのほかは亡くなってしまったとき

「本当に急なことでしたね」


残された親族にかけるねぎらいの言葉です。急病や床についてから1~2ヶ月くらいのうちになくなった場合に使います。



・故人が長命だったとき

「ご長寿とはいえ残念です」


「天寿をまっとうされて」「大往生されて」という言い方は、聞く人によっては不快に思うので言わないほうがいいでしょう。



・遺族にかける励ましの言葉

「本当に、お体を大事にしてください」


たとえば、長年連れ添った夫婦の一方が亡くなると、残された者は気落ちして、生きる気力をなくしてしまうこともあります。そんなときは、心を込めて励ましたいものです。



・遺族にかける気遣いの言葉

「私でお役に立てることがあれば、遠慮なくおっしゃってください」


遺族を思いやる、よく使われる言い回しです。葬儀や通夜はたくさんの人が訪れ、親族は悲しむ暇もなくとても忙しい時間を過ごします。こう一声かければ、とてもありがたいはずです。



・香典を渡すとき

「心ばかりですが、ご霊前にお供えください」


「どうぞお供えください」


香典や供え物を差し出すときに言う定番フレーズ。受付で挨拶をして、その場で香典を渡すのであれば「この度はまことにご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。心ばかりですが、ご霊前にお供えください」となります。




・故人と対面したとき

「穏やかなお顔ですね」


故人と対面したときに使うお悔やみの言葉です。この言葉とともにお悔やみの気持ちを伝えるのが普通です。「穏やかなお顔ですね。心からお悔やみ申し上げます」「穏やかなお顔ですね。おつらいでしょうが、お気を落とされませんように」などが聞かれます。



【関連ページ】
葬式、お悔やみの言葉の敬語の話し方