きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > シチュエーション別、仕事関係の人に使える常套句・言い回し > 贈り物(プレゼント)・お土産を手渡しするときの定番フレーズ・言い回し

贈り物(プレゼント)・お土産を手渡しするときの定番フレーズ・言い回し

ビジネス会話術 - 贈り物(プレゼント)を贈る・手渡しするときの定番フレーズ・言い回し

仕事でお世話になった人たちに感謝を伝えるのであれば、言葉と一緒に贈り物を贈るのがわかりやすい行為です。他にも祝い事や、相手の家に招かれたとき、休暇をもらって遠出したときなど、お土産やプレゼントを渡す機会はたくさんあります。そんなときの使える定番フレーズ・言い回しです。



・贈り物を手渡しするときに定番フレーズ

「どうぞお受け取り下さい」


「どうぞお納めください」


贈り物を手渡しするときに定番フレーズです。愛想良く丁寧に言えば、相手も受け取りやすくなるでしょう。



・感謝の気持ちはストレートな表現が一番伝わる

「感謝の気持ちです」


「ほんのお礼の気持ちです」


お世話になった人に贈り物をする際につかうフレーズ。「その節はありがとうございました。感謝の気持ちです」といって手渡します。「どうぞお受け取り下さい」と添えてもいいでしょう。



・贈り物で第一印象をよくしたいとき
「ごあいさつのしるしとして」

これからお世話になるだろう人に贈り物をする際に重宝する定番フレーズです。初対面であれば、品物を受け取ることを恐縮される場合もあります。そんなときにこのフレーズで贈る理由を伝えれば「せっかくのご厚意なら」と相手も受け取りやすくなります。



・祝い事のときに添える

「お祝いのしるしですので」


相手に子供が生まれた場合や、お世話になっている人が栄転する場合などに、お祝いとして現金を渡す機会もあります。そんなとき相手が「そんな気を使わないでください」と断る素振りを見せたら「お祝いのしるしですので」と明るく伝えます。その場は和み、受け取ってもらえる可能性は高くなるでしょう。



・贈り物の際、謙虚さをみせる添えの言葉

「お気に召していただけたら嬉しいのですが」


手土産を渡した際に添える定番の言い回しです。「私どもの近くでおいしいと評判のどら焼きでして」「出張先で面白いものを見つけまして」などその品物を選んだ理由を述べた後に、「お気に召していただけたら嬉しいのですが」と添えるといいでしょう。贈り側の気持ちを伝えれば、いい印象を抱いてもらえます。



・食べ物を手渡すときの定番フレーズ

「お口に合いますかどうか」


「お口に合えばいいのですが」


菓子折りなどの食べ物を持参したときに使う言い回し。相手の好みを尊重した表現で、イヤミのない言い方です。手土産を差し出す際、「お口の合うかわかりませんが、どうぞお召し上がりください」という具合に使います。



・食べ物を手渡すときに使う、より丁寧な言い回し

「お口汚しにいかがかと思いまして」


食べ物の土産を手渡す際に使う、主に年配の方に受けのよい丁寧な言い回し。「おいしそうな匂いにつられてつい買ってしまいました。お口汚しにいかがかと思いまして」といった使い方ができます。「グルメなあなたに合うかどうか」という気持ちがこもった謙虚な表現になります。



・相手の好物を送る場合

「お好きだと伺ったもので」


好物を送れば、相手への気遣いもアピールできて好印象が与えられます。また、相手が興味のある情報や資料を提供するときは「興味がおありだとお聞きしたもので」のような表現になります。もちろん、事前に好みを調べておく必要があります。



・お菓子や果物など、量のあるものを手渡す場合

「珍しくもありませんが、どうぞお子様へ」


「どうぞご家族へ」


「どうぞ社員の皆様へ」


量のあるものや子供に好まれるものが手土産の場合、ケースによって言い回しを使い分けるといいでしょう。「珍しくもありませんが」は「つまらないものですが」の代用として使える言葉です。



・相手に遠慮させない心配りができる

「田舎から送ってきたものなのですが」


田舎から送ってきた名産や地域の珍しいものを贈るなら、素直にそう告げるといいでしょう。「特別に用意して持参したものではない」ことが伝わり、相手も過度に遠慮せず受け取れるし、こちらの謙虚さもアピールできます。遠方の取引先に地元の名産を贈るなら「私どもの土地の名産でして」のようになります。



・「つまらないものですが・・・」よりこっち

「形ばかりではございますが」


「ささやかなものですが」


「心ばかりのものですが」


謙虚な気持ち表現しつつ相手に贈り物を手渡す場合に使います。「つまらないものですが・・・」という表現もありますが、「つまらない物をよこすのか」と悪く解釈する人もいます。謙虚さを伝えたいなら「ささやかなものではございますが、どうぞお納めください」のほうが無難です。