きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > 職場・取引先との人間関係を円滑にするヨイショのほめ言葉 決まり文句一覧 > 仕事のできばえをほめる、よいしょのほめ言葉 定番フレーズ

仕事のできばえをほめる、よいしょのほめ言葉 定番フレーズ

ビジネス会話術 - 仕事のできばえをほめる、よいしょのほめ言葉 定番フレーズ

できるビジネスマンは、どんなときも相手をほめてヨイショします。具体的にほめると、相手の気分を気持ちよくして、良い関係が築けるのです。ビジネスマンにとって、ほめフレーズは習得必須です。



・書類などの出来ばえをほめる

「良い出来上がりだね」


「素晴らしい出来上がりですね」


「良い出来上がりだね」は、たとえば部下が書類を提出してきたときに言うほめ言葉です。ほめ方の流れは、書類を受け取ったら、まずは「ご苦労様」とねぎらいの言葉です。そして、文章やレイアウトなど問題なければ、「良い出来上がりだね」とほめます。

好かれる上司は部下のやる気を引き出します。出来が良いのが当たり前と思っていても、それは態度に出さず、ほめて部下の気持ちを満足させます。

書類作成に限らず、具体的にほめることができれば、社交辞令な感じがなくなります。


・具体的なほめ方フレーズ一例

「ここのバランスが良いね」


「やっぱり○○さんが作ると違うね」


「ここまできちんとできる人は、なかなかいないんだよ」


「普通の人は、ここまで注意を払えないよ」



・専門職・得意分野をほめる

「さすがプロですね、素晴らしいです」


専門部署の人や、技術に特化した会社の人の仕事振りをほめるときに使うほめ言葉です。「私もやったことあるんですが、途中で断念してしまいました」「ここの部分が全然できなくって」など、へりくだって体験談を交えるのも効果的です。「仕事とはいえ、お見事です」という言い方もあります。



・部下が初めての仕事をこなしたら
「最初にしては頑張ったと思うよ」

「最初にしては上出来だよ」

部下の初めてまかせた仕事ぶりをほめる定番フレーズです。初めての仕事が完璧でないのは、当たり前です。いろいろ注意したい点も目に付くでしょうが、欠点を指摘するだけでは、相手のやる気をそぐだけです。

できる上司を目指すなら、問題点の指摘とは別に、どこかしらほめるポイントを見つけましょう。直して欲しい部分があるなら「最初にしては」という条件付でほめるのがオススメです。「少し時間がかかったけど、最初にしては上出来だよ。とくに、ここら辺がよくできてるね」といった感じになります。



・関連記事
嫌われない反対意見の言い方「いいね!でも○○と感じる人がいるかも」