きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > 依頼・交渉・打ち合わせの受け答えに使える定番フレーズ 敬語一覧 > 上司や先輩、取引先に質問するときの前置き 定番フレーズ 一覧

上司や先輩、取引先に質問するときの前置き 定番フレーズ 一覧

ビジネス会話術 - 上司や先輩、取引先に質問するときの前置き 決まり文句

わからないことをわからないままにすると、仕事に支障をきたします。うまく仕事をこなすには「わからない」を解決するためのコミュニケーション能力が必要です。上司や先輩、取引先へ上手に質問できる、感じの良い前置き 定番フレーズを集めました。



・仕事で質問するときの定番フレーズ
「少々お尋ねしてもよろしいでしょうか?」

「恐縮ですが、質問させていただいてもよろしいでしょうか?」

上司や先輩、他社の人に質問するときの前置きです。「少々お尋ねします」でも問題ありませんが、最後を疑問形にすることで、より丁寧な言い方になります。相手にアドバイスを求めるときは「教えていただきたいのですが~」でもいいでしょう。



・相手から手ほどきを受ける場合
「よろしくご指導ください」

目上の人や他社の人、自分より知識のある人に対して敬意を表す決まり文句です。「よろしくご教授ください」も同じです。



・不明点を残さないための定番フレーズ1
「念のために確認させていただきたいのですが、この点はどうなさいますか?」

説明を受けたときや商談の場面では、不明点を残さないようにしたいものです。相手の話に一区切りついたところで不明点、理解できない点があったときは、この決まり文句で質問できます。「この点については、いかがお考えでしょうか?」という言い回しもあります。



・不明点を残さないための定番フレーズ2
「~というように理解させていただきましたが、それでよろしいでしょうか?」

相手の言っていることが曖昧にしか理解できないときに使う決まり文句です。内容を確認するために、「~」の部分で自分が理解したことを短く伝えます。そしてそれに同意を求めます。



・意見を促すには
「考えをお聞かせください」

上司や先輩、他社の人に意見を述べてもらうための定番フレーズです。



・相手に解決策を求めるには
「何か良い方法はございませんか?」

上司や先輩、他社の人に、問題解決のための意見を求める場合に使います。