きいろわビズトップ > 仕事で使える社交辞令の常套句・定番フレーズ一覧 > できるビジネスマンが使う社交辞令の常套句 敬語一覧 > 仕事関係の人と出会ったときのあいさつ常套句 敬語一覧

仕事関係の人と出会ったときのあいさつ常套句 敬語一覧<

ビジネス会話術 - 仕事関係の人と出会ったときのあいさつ敬語一覧

仕事関係の人と出会ったときのあいさつ敬語一覧です。初めて会う人から面識ある人まで、ビジネスで付き合う様々な人への敬語あいさつの常套句・定番フレーズを集めました。最初にどんな言葉をかけるかがあなたの印象を左右します。



・久しぶりに会う取引先の人などに対して
「お久しぶりです。お元気そうで何よりです」

久しぶりに会うのに「お久しぶりです」だけだとなんだか味気なく感じます。「お元気そうですね」「ご活躍、かねがね伺っております」など、会ってない間も気にかけていたと思わせるフレーズが言えれば、好印象です。



・以前会った人と再び会ったとき
「またお会いできて嬉しいです」

出会って嬉しい気持ちは、素直に伝えたほうが印象がよくなります。また、前回会ったときの嬉しかった気持ちを具体的に伝えることができれば尚いいです。「この間のお話は大変勉強になりました」「先日は大変楽しく過ごさせていただきました」といった感じです。



・遅刻した相手を気遣う
「道、混んでましたでしょ?」

余裕のあるビジネスマンは素敵です。少しぐらいの相手のミスは目をつむり、相手を気遣ってみましょう。気遣いを見せたほうが相手も反省するものです。



・同じ日に2回以上会った
「またお会いしましたね」

その日に限って2回以上顔をあわせた人にかける言葉です。何度も会ってるのに「こんにちは」を繰り返すだけでは、ありきたりでそっけない印象を与えます。言い方を変えるだけで、気遣いを見せることができます。「今日はよくお会いしますね」も可。



・初対面の方へのあいさつ
「初めてお目にかかります」

会うの謙譲語、「お目にかかる」を使うと「初めまして」より丁寧な敬語になります。このフレーズの後に自己紹介を行うのが基本的な流れです。「○○社の○○と申します」といった感じです。会えた嬉しさを伝える言葉を続けるのもいいでしょう。「お会いできて光栄です」など。



・知ってる人だが会うのは初めて
「一度お目にかかりたいと思っていました」

話題に上るが面識のない人や電話で話しただけの人に使います。こうあいさつすることで、相手に好意や敬意を伝えられます。具体的に伝わっている情報を話題にしてもいいでしょう。「お噂はかねがね伺っております。すばらしいエンジニアであるとお聞きしております」といった感じです。



・目上の人や取引先と一緒になった場合
「ご一緒できるとは光栄です」

取引先や目上の人と同席したり、一緒に仕事をすることになった場合に使います。相手への好意と一緒になれたことに対する嬉しさを伝えられます。