きいろわビズトップ > 接客業の正しい敬語の使い方

接客業の正しい敬語の使い方

  1. 接客業の敬語の話し方 - バイト言葉のよくある間違い
    日常でよく耳にする敬語には間違って使われているものもたくさんあります。とくにアルバイトで使う敬語は誤りがたくさんあります。学生時代にアルバイトを経験した人は学校を卒業し、社会人になってもつい誤ったまま使ってしまいがちです。
  2. 【飲食店の接客】お客様を席に案内するときの敬語の話し方
    アルバイトマニュアルに載っている敬語は間違いも多くあります。社会人になり、アルバイト時代の敬語をそのまま使っていると恥をかく恐れもあります。社会人としてマニュアルを持っていない店舗で働く場合は、敬語を改めて見直すことをオススメします。
  3. 【飲食店の接客】注文をとるときの敬語の話し方
    注文をとるタイミングは、お客様の様子やお店のルールによって異なります。席に案内し、一旦席を離れ、メニューが決まったあとに再びお伺いをたてるケースや、とりあえず飲み物だけ先に注文いただくケースなど。
  4. テーブルで会計するときの敬語の話し方
    飲食の接客の場合、お会計をレジで行う場合とテーブルで行う場合があります。テーブル会計であることを伝える場合、「お会計はテーブルのほうでお願いします」は間違いです。「~ほうで」は必要ありません。
  5. 【販売店員の接客】お客様に声をかけるときの敬語の話し方
    アパレルなどの販売では、いかに声をかけるかでお店の売り上げが変わってきます。お客様が商品に興味を示し、手に取ったら声かけのチャンスといえるでしょう。できる販売店員は、お客様にいかに警戒されないかを考えて、声をかけます。
  6. 【アパレルショップ】試着室での敬語の話し方
    洋服を販売しているアパレル関係のショップでは、試着できるところがほとんどだと思います。試着時は、お客様が商品を選んでいるとき以上に、コミュニケーション能力が求められます。
  7. 【販売店員の接客】レジで会計するときの敬語の話し方
    接客の結果、お客様の購買意欲を満たすことができたら、ようやく購入です。お会計は通常お店のレジで行います。レジへ案内するフレーズを伝えて、お客様を誘導します。
  8. ホテルや旅館で予約の電話を受けるときの敬語の話し方
    旅館やホテルの接客で必要な才能は、ホスピタリティです。つまり、おもてなし。旅館やホテルには、様々なお客様が訪問されます。それぞれのお客様の要望を見抜いて、心を満たすには、お客様一人一人とコミュニケーションをとることが大事になります。
  9. ホテルや旅館でお客様をお出迎え・お見送りするときの敬語の話し方
    旅館やホテルは、お客様が日常から開放される時間と空間を提供する場所です。出迎えのときは「いらっしゃいませ」の一言だけでなく、気の利いた言葉も添えると、好印象を与えることができます。
  10. 【旅館・ホテル】お客様からのリクエスト(要求)に応える敬語の話し方
    旅館やホテルでは、お客様はさまざまなリクエスト(要求)を申し出ます。「海が見える部屋に変えて欲しい」「食堂での食事を部屋食にして欲しい」「記念日なのでケーキを用意して欲しい」など。