きいろわビズトップ > 言いづらいことを印象よく伝える話し方 > 上司・部下・同僚を上手に説得する話し方(言い回し) > 上司の愚痴を言う同僚を上手に説得する話し方「だから~するんだよ」

上司の愚痴を言う同僚を上手に説得する話し方
「だから~するんだよ」

ビジネス会話術 - 上司の愚痴を言う同僚を上手に説得する話し方

仕事終わりに同僚や部下と飲みに行くこともあるでしょう。そんなときよく話のネタになるが上司の愚痴です。仕事にストレスはつきものですし、毎日顔を合わす上司ほど、いろいろな不満が出てくるでしょう。


愚痴を言う人は、それがストレス発散になりますが、聞かされてる側からすれば、結構つらいものです。話を聞いていると、一方的な悪口だったり、同じ内容ばかりで話が進まないなどなど、いい加減うんざりしてきます。


そんなときは次の話し方をすると、上手に話をまとめて、締めくくることができます。


「だから~するんだよ」

この言い回しを使った話し方例です。


上司の愚痴を言う同僚を上手に説得する話し方例
相手 「ホント課長むかつくよ。俺ばっか残って営業トークの練習させられるんだよ。細かいことネチネチ注意するしよ!あの人、俺をいじめてストレス発散してるんだよ。」
あなた「そんなことないって。お前は期待されてるだよ。だからこそからいろいろ指導してくれるんだって。嫌いだったら、遅くまで一緒に残ってくれるわけないだろ!」
相手 「う~ん、そうだと良いんだけど。」

愚痴を上手におさめるポイントは、全部聞いてあげることです。相手の言いたいことが残っている間は、どんなことを言っても説得することはできません。相手の気持ちをすべて聞いた上の結論だからこそ、相手も納得できます。


相手の不満を全部吐かせ、ほどよいタイミングでうまく話をまとめられれば、だらだら愚痴を聞かされる心配もありません。ぜひ身に付けて欲しい会話術です。

相手の気持ちを汲み取った上で、中立に意見できる人が信用される。