きいろわビズトップ > 言いづらいことを印象よく伝える話し方 > 言いたいを言う、上手な主張の仕方・提案の仕方(言い回し) > タイミングよく上手に提案する話し方「今思ったんだけど○○はどう?」

タイミングよく上手に提案する話し方「今思ったんだけど○○はどう?」

ビジネス会話術 - タイミングよく上手に提案する話し方

会議や打ち合わせで、自分の意見やアイデア、解決策などを上手に提案するには、タイミングも重要です。せっかくの提案もタイミングが悪ければ、聞き流されることだってありえます。また、議論の場で発言のタイミングがつかめず、上手に提案できなかった経験を持つ人もいるでしょう。


そんなときは、次の話し方をすると、上手にタイミングが計れ、ここぞと思う瞬間に提案できます。


「今思ったんだけど○○はどう?」

この言い回しを使った話し方例です。


タイミングよく上手に提案する話し方例1
相手 「キャンペーンの場所っていってもねぇ・・・。なかなか難しいなぁ、予算の問題もあるし。」
あなたあ、今思い出したけど、商店街の空き店舗って使えませんか?町内会長さんなら知り合いだし。」
相手 「おお、それならいいかも。」

話し方のポイントは「今思い出した話」ではないということ。思いついたのは当然演技で、事前に練りあげた意見です。話し合いの場で意見が出尽くたあとの、停滞したタイミングで提案できれば、注目して聞いてくれます。その内容が良いものなら、聞き入れてもらいやすくもなります。


プライベートの雑談でも簡単に使えます。話したい話題がある場合は、他人の話に水を差さないように、話題と話題の合間に使ってみてください。


タイミングよく上手に提案する話し方例2
相手 あ、そういえば思い出したんだけど、こないだこんなことがあってね~」
「今思ったんだけど~」でまずみんなを注目させる。