きいろわビズトップ > 言いづらいことを印象よく伝える話し方 > 評価が上がる頼み方・お願いの仕方の会話術(言い回し)

評価が上がる頼み方・お願いの仕方の会話術(言い回し)

  1. たまにお願いするときの上手な頼み方「いつも頼み事ばかりで申し訳ないんだけど~」
    上手に頼み事ができる人は仕事もプライベートもうまくいきます。人生を思い通りに楽しむには、頼み事をして助けてもらうことも必要なのです。普段頼み事をせず一人で抱え込んでしまう癖のある人は、今回紹介する話し方を使って、頼み事名人を目指してみてはいかがでしょうか?
  2. 伝えやすい頼み方 - お願いしたい人の前で「誰かいい人いないかな?」
    仕事のシフトを変わって欲しいとか、重い荷物を運んで欲しいなど、代わりの人を探したいシチュエーションもあると思います。そんなとき、お願いしたい人を目の前にして「誰かいい人いないかな?」と話すと上手にお願いをすることができます。
  3. 頼みづらいお願いを引き受けてもらう話し方「君だからお願いするんだけど~」
    仕事では頼みづらいお願いを同僚は部下にお願いするシチュエーションが多々あります。そんなときは、相手が断りづらくなる話し方で、お願いすると引き受けてもらえる可能性がアップします。
  4. 一度断られることを前提で、本命のお願いを通す話し方「Aしてもらっていい?じゃあBは?」
    人のお願いを断ることは気が引けます。断るにはそれなりの理由も必要ですし、言葉選びも慎重になります。とても気を使う行為です。連続してお願いされて、しかも2回目の願いが譲歩されたものなら、なるべく受け入れてあげたいとも思うでしょう。
  5. 注意も頼みごともポジティブな言い方だと反感を買いづらい「~しよう!」
    頼み事や注意のコツは、ネガティブな印象を与えず伝えることです。語尾を換えると、伝わる意味は一緒でも、印象は格段違ってきます。何度も同じミスの常習犯ならともかく、たまのミスなら優しく注意したほうが、反発を買わずに、反省を促せます。
  6. 頼みにくいお願いは、へりくだって遠慮気味に「○○してもらうと助かるんだけど、ダメかな?」
    たとえば「デートの約束があるので残業を変わって欲しい」「苦手な取引先なので同行して欲しい」などの個人の都合が大きくかかわる頼みごとは、普段よりへりくだって遠慮気味に頼むと上手に依頼できます。