きいろわビズトップ > 言いづらいことを印象よく伝える話し方 > 人間関係が気まずくならない注意・指摘の話し方(言い回し) > 反感を買うことなくやり直しをお願いする話し方「いいね。あえて付け加えると~」

反感を買うことなくやり直しをお願いする話し方
「いいね。あえて付け加えると~」

ビジネス会話 - 反感を買うことなくやり直しをお願いする話し方

頑張ってやってくれた相手にやり直しをお願いしたい場面があります。新人にビジネスマナーの教育をして、それなりにやってくれるが「まだ改善の余地があるなぁ」と感じたり、部下が熱心に作ってくれた書類だけど「ちょっと違うんだよなぁ」と思うときなどもそうです。


相手が真面目にやってるだけに指摘をするのも気が引けると思うかもしれません。反感を買ってやる気がなくなると思うと言わない方がいいと感じることもあるでしょう。そんなときは、まず相手のこれまでの行動や考え方を肯定的に評価して、そのうえでやり直しを依頼すると反感を買いません。


反感を買うことなくやり直しをお願いするには、次のような話し方があります。


「いいね。あえて付け加えると~」

この言い回しを使った話し方例です。


反感を買うことなくやり直しをお願いする話し方例1
相手 「部長、新商品プロモーションの企画書ができました。どうでしょうか?」
あなたうん、いいね、よくできてるよ!そうだな、あえて付け加えるなら、プロモーションの予算内訳をもうちょっと具体的にしたほうがいいかな。わかりやすいに越したことはないからね。」
相手 「わかりました。もうちょっと具体的にしてみます。」

反感を買うことなくやり直しをお願いする話し方例2
相手 「先輩、僕の営業トークどうでしたか?」
あなたいい感じだったよ、すごいわかりやすかった!あとはお客さんの目を見ながら話せるようになると完璧だね」


反発の気持ちは、行動や考え方を否定されたときに芽生えます。とくにストレートに「それは違う」「できてないからやり直して」など否定されると、今までの自分の行いが一切認められていないように感じ、強い憤りを覚えます。


やり直しを上手にお願いするときは、肯定してからやり直して欲しいポイントを伝えると、注意ではなくアドバイスにとして捉えることができ、素直に聞くことができます。プライドが高くてなかなか言うことを聞いてくれない人に対しても有効な会話術です。

自分を認めてくれる人の意見は聞き入れやすい