きいろわビズトップ > 苦手な人との人間関係を上手に築くコミュニケーションテクニック > 職場の困った人たちとの上手な付き合い方・話し方 > 悪口・陰口を言う人、噂話を流す人の対処法・上手な付き合い方と話し方

悪口・陰口を言う人、噂話を流す人の対処法・上手な付き合い方と話し方

悪口・陰口を言う人、噂話を流す人の対処法・上手な付き合い方と話し方

悪口や陰口を本人の目の前で言う人は、あまりいないでしょう。嫌われたり復讐されることは避けたいでしょうから。悪口や陰口を言いたいと思っている人は、共感してくれる人を欲しています。「あいつのここが嫌い」「こんなひどい奴だ」という話をして「そうだそうだ」と同調してくれる仲間を作りたいのです。一緒に盛り上がりたいと思っています。


悪口や陰口を言う人は少なくともまっすぐな性格ではありません。どこかねじ曲がっているからこそ不平不満を口にします。心理学の実験によると、悪口や陰口を言う人は、その人自信が嫌われる傾向にあります。人から嫌われずに健全な心でいたいなら、悪口を言うべきではありません。


しかし職場には、悪口・陰口を言う人は必ずといっていいほどいます。心のねじ曲がった人たちは「意地悪してやろう」「悪い噂を流してやろう」と機会をうかがってますから油断はできません。


「あの人があなたの悪口を言っていた」と親切に伝えてもらえる場合があるかもしれません。しかし、その言葉も鵜呑みにするのは危険です。あなたを不安に陥れるワナかもしれません。その人を憎く思わせるための策略かもしれません。「気にしないから大丈夫」と冷静に受け流すのが妥当です。


「あなたの悪口を聞いた」とわざわざ言いに来る人の考え方は理解しがたいものがあります。そんなことを伝えても、相手を不快にするだけで、どうなるものでもありません。「親切」とか「友情」とは言えないでしょう。


運悪く悪口や噂話のターゲットにされたら、いつの間にか周りの人たちに自分の悪いイメージが定着していきます。「そんなひどい人なんだ」「えー嘘つきなんだ」と事実無根の悪印象を持たれてしまうのです。放っておくほどに、仲間内に自分のマイナスイメージが植え付けられるため、「変だな」と感じたら早急に何とかしないといけません。コソコソと行われる犯行の首謀者をうまく見つけるには、あなたと接する人の態度を観察することです。


あなたを嫌ってる人は、うまく取り繕っても言葉遣いや表情、声のトーンに何らかの違和感が必ず生じます。そうした状況をヒントに犯人を絞り込みましょう。そして怪しい人には次のような話し方をするといいでしょう。


悪口・陰口を言う人、噂話を流す人の対処法・話し方
あなた「私の悪口や悪い噂を流している人がいるようなんですが、心当たりの人いませんか?大体見当はついてるんですが、確かな証拠を掴みたいんですよ」

容疑者「え、そんなことする人いるんだ(汗)わ、わかんないな~」

もし犯人だとしても自白はしてこないでしょう。しかしもし相手が犯人なら、こう言うことで確実に悪口や噂話は減ります。「バレてるかも」と思わせてビビらせれば、抑止できるのです。

職場の困った人たちとの上手な付き合い方・話し方