きいろわビズトップ > 苦手な人との人間関係を上手に築くコミュニケーションテクニック > 会社の厄介な人たちの不愉快発言を上手にかわす会話術テクニック > パワハラを上手に回避する方法 - やる気のない態度ではぐらかす

パワハラを上手に回避する方法
やる気のない態度ではぐらかす

パワハラを上手に回避する方法 - やる気のない態度ではぐらかす

パワハラ上司が怒鳴りながら迫ってきたら、ビビってしまうのが普通だと思います。しかし、どんなに怒りくるって言葉の暴力を浴びせられても、そこから更に殴られたりすることはほとんどないはずです。実際に手を出してしまえば、大問題になることはパワハラ上司も分かっているので、どんなにすごんできても、寸止めで終わります。


パワハラ上司の目的はびびらせることです。「ひぃーご勘弁を」というように恐れおののかせることで気持ちを満足させたい歪んだ思いを持っているので、それを満たすような行動をとるとその後、パワハラをエスカレートしかねません。相手を満足させるような反応はしてはならないのです。


今回紹介するパワハラ回避の方法は、あえてやる気のない態度をとるテクニックです。やる気ゼロの情けないセリフを吐いて相手の怒りをはぐらかします。


パワハラを上手に回避する方法
上司「バカヤロー!こんなことも出来ねーのか、全然使えねーヤローだな!!」

部下「はあ・・・私もそう思います。もうとてもついていけません・・・・・」 ←やる気のない態度を演じてはぐらかす

上司「え・・・?おい、どうしたんだ?おい、何とか言え」

部下「そういうことです・・・もう駄目です・・・・」

上司「お、おい、しっかりしろ。大丈夫か、ちょっと言い過ぎたかな・・・・、悪かったな」

相手のペースにはまらず、気の抜けた顔で不甲斐ないセリフを吐いてやりましょう。相手は怒りをぶつけるターゲットを見失い、アタフタしだすでしょう。