きいろわビズトップ > 苦手な人との人間関係を上手に築くコミュニケーションテクニック > 会社の厄介な人たちの不愉快発言を上手にかわす会話術テクニック > 突然怒り出す激情型上司の対処法 - 必要以上に恐怖して周りに助けを求める

突然怒り出す激情型上司の対処法
必要以上に恐怖して周りに助けを求める

突然怒り出す激情上司の対処法 - 必要以上に恐怖して周り助けを求める

すぐに感情的になる厄介な上司がいます。しかしこのような人たちもだれかれ構わず、攻撃しているわけではありません。相手をよく見て、強そうな人は敬遠して、自分より弱そうな勝てる相手にのみ襲い掛かります。


主な攻撃は、大声で怒鳴りまくること。わめき散らし威嚇して、気後れした相手を確認すると、追い討ちをかけていちゃもんを付けます。そして慌てふためく姿を見て心の中であざ笑うのです。


激情型上司は、相手が恐怖におののく姿を見て満足します。対処法としては、相手の希望通り怖がってあげる方法が使えます。ただし中途半端に怖がるのではなく、必要以上に思いっきり恐怖します。そして周りに助けを求めるのです。


突然怒り出す激情上司の対処法
上司 「バカヤロー貴様!絶対注文とってこいって言っただろーが!!お前俺のこと舐めてんだろー、ぶっ飛ばされーてのかよ!!」

部下「あわわわっ!も、もう限界です。しゃ、社長に直訴します。労基署にも訴えます(ブルブル震える) ←気が動転してつい口走る演技

上司 「な、何言ってんだよ。大げさだよ。お、おい落ち着けって!(汗)

目いっぱい慌てふためいて、つい口走ってしまったというような演技が大事です。気が動転して何をしでかすか分からないくらいの恐怖を受けている自分を演じてみせるのです。追い詰められて放った言葉に意表をつかれた上司は慌てふためきます。一気に形勢逆転です。


「追い詰められたら人は何をするか分からない」を演技しましょう。必要以上に恐怖して周り助けを求めれば、相手は大人しくならざるを得ません。