きいろわビズトップ > 苦手な人との人間関係を上手に築くコミュニケーションテクニック > 会社の厄介な人たちの不愉快発言を上手にかわす会話術テクニック > 内容のないうざい説教上司 対処法 - 「それで?」と開き直り結論を促す

内容のないうざい説教上司 対処法
「それで?」と開き直り結論を促す

内容のないうざい説教上司 対処法 - 「それで?」と開き直り結論を促す

人を不快な気持ちに陥れて喜びを感じるような連中は、いつもターゲットを探しています。もしあなたがターゲットにされたらしっかりと解決しておかないと、ずっと付きまとってくるかもしれません。


彼らはその時々で、忠告であったり、説教であったり、親切を装った世話焼きに見せかけながら、うざい接し方をしてくるでしょう。コチラはかかわりたくなくても、向こうからやってくるのですから、なかなか逃れられません。


そんなときには「それで?」と開き直って結論を促す話し方が有効です。うざい説教なら次のように対処します。


内容のないうざい説教上司 対処法
上司 「安藤、ちょっとこい!お前今月の営業成績がちょっと調子いいからって、調子に乗ってないか?仕事っていうのはな、入金を確認して納品して初めて完了したことのなるんだぞ。浮ついた顔しやがって、わかってんかよ」

あなた「はい、承知しておりますが、それが何か?」 ←開き直って結論を促す

上司 「う・・・・心配して言ってやってんだよ」

あなた「ありがとうございます。それで何なのでしょうか?」 ←開き直って結論を促す

上司 「う・・・・まあ、そういうことだよ・・・」

あなた「はい、ありがとうございます」

この会話例のように、たいした用もないのに部下を呼び寄せて説教口調で親分気取りをしないと気がすまない上司はたびたびいます。こういった上司は分かりきったことをくどくど繰り返し述べたり、愚痴をこぼすだけで身になる内容がまったくない場合が多いので、結論を問いただすように質問するといいでしょう。相手は結論など用意していません。言葉に詰まってたじたじになります。


悪質クレーマーに対してなら次のように使うこともできます。


開き直ってクレーマーを撃退する
クレーマー「おたくがそういう態度で誠意を見せないっていうんなら、出るとこ出るぞ、いいんだな!」

店員   「はい、出ることに出てご納得いただけるのなら幸いに存じます」

クレーマー「冗談じゃないからな。本気で出るとこ出るからな、おい」

店員   「はい、それで何か?」 ←開き直って結論を促す

クレーマー「・・・もういい!覚えてろよ!!(立ち去る)