きいろわビズトップ > オフィスや職場で使う敬語の話し方 > 仕事でミスしたときの謝罪の話し方

仕事でミスしたときの謝罪の話し方

会議で自分の意見が言える話し方を身に付けよう

社会人は謝罪する機会が多くあります。できるビジネスマンであっても謝ることを全く失くすことはできません。むしろできるビジネスマンほど、上手に謝罪します。


会社での仕事はチームプレイです。場合によっては、あなた自身が悪くなくても、他人のミスで謝罪するケースが出てきます。そんなときでも、「自分は悪くない」という態度は少しでも見せてはいけません。言い訳するのも、うまいやり方ではありません。


謝罪するときのもっとも基本的なフレーズは、


謝罪時の基本フレーズ
「すみません」
 または、
「申し訳ありません(申し訳ございません)」

です。「ごめんなさい」は社会人が仕事で使う言葉にはふさわしくないので、使いません。


もし仕事のミスに気付いたら、大事なのはすぐに報告することです。あなた一人で解決策を探すより、上司の指示を仰ぐほうが、解決の糸口を見つける可能性が高いはずです。上司ともなれば、いろいろなミスを経験済みでしょう。適切なアドバイスを期待できます。自分ひとりで問題解決をしようと、逆に問題を大きくしてしまう危険も防げます。


上司に自分のミスを伝える話し方のコツは、一番最初に「ミスの報告」であると伝えることです。


ミスの報告の切り出し方
「じつは○○の件でミスをしてしまいまして~」

言い訳がましい遠回りの話し方より好感が持て、ミスを解決したい姿勢を伝えることができます。


ミスの報告の最後は、反省の気持ちを伝えましょう。


反省の気持ちを伝える敬語の話し方
「すいませんでした。反省しております」
 または、
「申し訳ございません。不徳いたすところと、反省しております」

無事問題が解決したら、感謝の気持ちを伝えましょう。


問題解決の感謝を伝える敬語の話し方
「ありがとうございました。以後気をつけます」
 または、
「お詫びの申し上げようもございません。肝に銘じます」

起きてしまった失敗は、大きくならないうちに解決の手段を見出すのができるビジネスマンです。

ミスは誰にでもある。一人で悩むより上司に助けを求めよう。