きいろわビズトップ > ビジネス会話の基本的な話し方(挨拶の仕方) > 初出社、自己紹介をバッチリ決めよう

初出社、自己紹介をバッチリ決めよう

初出社は元気よくやる気をアピール

社会人一年目、最初にクリアすべき関門は、初出社や新人歓迎会でしょう。


挨拶や自己紹介を大きな声でハキハキとできれば、「なかなかやる気のある新人が入ってきたな」とアピールできます。逆に、ぼそぼそ小さな声で挨拶したら「なんか暗い感じの奴が入ってきたな」とがっかりされてしまうでしょう。


あなたの最初の一言で、あなたのイメージが決まります。初出社でどんな挨拶や自己紹介をするかは、その後の会社生活を左右することになります。


ただ、必要以上に、できるビジネスマンのフリをする必要がありません。どんなにいい格好をしてもすぐに見抜かれてしまいます。


いい印象を相手に持ってもらうには、ハキハキした挨拶の中にも、謙虚な態度をもって、これから頑張る姿勢をアピールするといいでしょう。


最低限の自己紹介は、名前をフルネームで名乗って、謙虚さとやる気を伝えましょう。


自己紹介の話し方例
「○○(フルネーム)です。
知らないことばかりで何かとお手数をかけると思いますが、一日も早く一人前の社員になれるよう頑張ります。
ご指導よろしくお願いします」

上手にできるように、自己紹介の言葉は事前に用意おくといいでしょう。

初出社を成功させ、楽しい会社生活をスタートさせよう。