きいろわビズトップ > ビジネス会話の基本的な話し方(挨拶の仕方) > メラビアンの法則で好感度アップの話し方

メラビアンの法則で好感度アップの話し方

メラビアンを理解して好感度を上げよう

相手に好感を持ってもらう話し方をするにはどうすればいいでしょう?アメリカUCLAのアルバート・メラビアン教授は相手に好印象を持ってもらう話し方を探る、興味深い実験を行いました。


その結果、会話の印象を決める割合は、「ボディーランゲージ」55%、「声の調子」38%、「言葉」が7%だったです。つまり、何を話すかという会話の中身よりも、どのように話すかという話し方に気をつけることが、会話でいい印象を持ってもらう大事な要素ということになります。


できるビジネスマンは、仕事で会話するとき、自分の声の出し方に気を使います。声の調子を整えて会話します。


特に相手に何かを依頼したり、断りを入れるときは注意が必要です。たとえ敬語を使っても、言い方によっては、相手に威圧的なイメージを与えてしまうのです。


例えば、コピーをとってきて欲しいと依頼する場合、どうすればいいでしょうか?


このセリフを印象よく伝えよう
「コピーとってきて下さい」

ボディーランゲージや声の調子に気を使いつつ次のような、話し方をするといいでしょう。


印象のいい話し方例
「申し訳ございませんが、コピーをとってきてもらえませんか」

相手からいい返事がもらえたら、

「ありがとうございます」 ← 感謝を告げる

「申し訳ございませんが」「~~とってきてもらえませんか」「ありがとうございます」これらの言葉重要です。メラビアンの法則によると「言葉」自体があなたの印象を決める割合は低いですが、このような言葉を使うと、「ボディーランゲージ」や「声の調子」も自然と変わってきます。


丁寧な言葉と、それに伴ったソフトな印象の話し方、しぐさを意識するとあなたのコミュニケーション能力は自然と高まっていきます。

言葉に気をつければ、話し方もしぐさも自然といい方向に変わっていく。