きいろわビズトップ > ビジネス会話の基本的な話し方(挨拶の仕方) > 挨拶の基本は先手必勝

挨拶の基本は先手必勝

「おはようございます」

気持ちは話のネタになる

挨拶の基本は先手必勝です。相手が挨拶をしてくれるのを待つのではなく、自分から声をかける心構えが大切です。


職場では、新人の方はもちろんですが、中堅の方も偉い役職についている方も、自分が先に挨拶をするくらいの気持ちで日々を過ごすことをオススメします。


「相手より先に」の気持ちは、挨拶の基本的な考えた方ですので、相手も先に声をかけたいと思ってるかも知れません。いつもあなたから先に声をかけられるわけではないでしょうが、気付いたら、目が合ったら、挨拶です。円滑な人間関係は、そこから始まります。


挨拶は誰に対してもできることです。相手がとても偉い役職の方だろうが、入ったばかりの新人さんであろうが、挨拶するのは当たり前です。挨拶は見られています。もし挨拶をする機会があるのに、あなたが声をかけることなくやり過ごしてしまえば、あなたの評価は下がります。


まれに、自分から先に絶対に挨拶をしない人がいます。そのような人たち同士がすれ違えば、挨拶は交わされません。でも互いに思っています。「あの人は挨拶すらまともにできないのか」と。


こちらから挨拶をすれば、どんな人でもたいていは返事をしてくれます。もし返事をくれない人なら、割り切るか、何か理由は無いか考える必要もありますが。


挨拶が与える影響は、非常に深刻です。仮に、あなたが社外の人と挨拶を交わす機会があったとします。挨拶せずにやり過ごしてしまったら、「あそこの社員は挨拶ひとつすら、まともにできない」と評価され、あなただけでなく、会社全体の評判を落としかねません。


職場で出会った人すべてに挨拶する癖をつけましょう。もし相手が大事な話をしていたり、電話中だった場合は会釈で大丈夫です。積極的に挨拶ができる人であれば、いい印象を与えられます。

先に挨拶できれば、第一印象がよくなる