きいろわビズトップ > ビジネス会話の基本的な話し方(挨拶の仕方)

ビジネス会話の基本的な話し方(挨拶の仕方)

  1. 挨拶の基本は先手必勝
    挨拶の基本は先手必勝です。相手が挨拶をしてくれるのを待つのではなく、自分から声をかける心構えが大切です。職場では、自分が先に挨拶をするくらいの気持ちで日々を過ごすことをオススメします。
  2. 高感度が上がる挨拶の会話術
    朝の挨拶はあなたの印象を決めるにとても重要です。その日一日のあなたの印象は、朝の挨拶で大方決まります。挨拶であなたの好感度をアップさせる会話術を二つ紹介します。
  3. 外出時の一声は、社会人の常識
    社内のコミュニケーションを円滑にするためにも、営業活動や打ち合わせ、お昼休み等で会社から外に出るときは、一声かけましょう。必要であれば、外出の目的、行き先、帰社時間を伝えておくことも社会人の常識です。
  4. あなたの評価が上がる、退社時の一言挨拶
    就業時間が終わったとしても、黙って帰るのはもってのほかです。退社時に一言も残さず職場を出てしまうと、あなたの印象が非常に悪くなります。また、退社時の挨拶は「社内の人に自分の不在を伝える」意味も持ち、とても重要です。
  5. 社会人らしい話し方 - 若者言葉は使わない
    せっかく社会人らしい敬語を覚えても、なかなか直すことができないのが若者言葉です。「うざい」「なにげに」などの言葉は、友達同士で使う分には問題ありませんが、ビジネスシーンでは慎むべきです。
  6. できるビジネスマンは、否定の言い回しで話さない
    ビジネス会話には「です、ます」を語尾に付けた丁寧な言い方以外にも、特有の言い回しがあります。例えば、「分かりました」と言う言葉をスマートなビジネス会話に変換してみましょう。
  7. ビジネスシーンにふさわしい敬語変換一覧表
    ビジネス会話では、普段私たちが日常で使う単語も、独特の言い方に変えて使うものがあります。例えば、「明日(あした)」は「明日(あす)」、「明後日(あさって)」は「明後日(みょうごにち)」と言い換えます。
  8. メラビアンの法則で好感度アップの話し方
    相手に好感を持ってもらう話し方をするにはどうすればいいでしょう?会話の印象を決める割合は、「ボディーランゲージ」55%、「声の調子」38%、「言葉」7%です。何を話すかよりも、どのように話すかが大事なのです。
  9. 初出社、自己紹介をバッチリ決めよう
    社会人一年目、最初にクリアすべき関門は、初出社や新人歓迎会でしょう。挨拶を大きな声でハキハキとできれば、「なかなかやる気のある新人が入ってきたな」とアピールできます。
  10. 異動、転勤先での挨拶の話し方
    会社に入ると、異動や転勤で勤務地、所属部署が変わることがあります。新しい勤務先で最初に挨拶するときは、「これからお世話になります」というメッセージを込めることが重要になります。
  11. 歓迎会で謙虚に頑張ることを伝えよう
    新しく会社に入るときや、異動で勤務地や所属部署が変わる場合に、歓迎会が開かれる場合も多くあります。新しく入ってきたあなたが主役です。たいていの場合、自己紹介を求められるので、あらかじめ何を話すか考えておくといいでしょう。