きいろわビズトップ > 職場以外・プライベートな時間の敬語の話し方 > パーティーや異業種交流会に出席したときの敬語の話し方

パーティーや異業種交流会に出席したときの敬語の話し方

パーティーや異業種交流会に出席したときのビジネスマナー・ビジネス会話

パーティーや異業種交流会など、面識の無い社会人の集まりでも敬語は欠かせません。親しい友人同士の集まりであれば日常の崩した話し方でも構いませんが、初対面や年上の人が多く集まるパーティーでは上下関係をわけまえた話し方を心がけましょう。


とくに仕事上で知り合った人や、仕事の関係者つながりの人から招かれたパーティーであれば、ハメをはずしすぎないよう注意しましょう。


パーティーによっては、普段お目にかかれないような他社の上役の人と話す機会があるかもしれません。そういった人たちと会話をすることは、あなたにとって大きなプラスになるはずです。チャンスがあれば接客的に話したいものです。


ちょっとした有名人と会話をするときの敬語
「お名前はかねがね存じ上げておりました」
 とか、
「お会いできて光栄です」

パーティーや異業種交流会では、社会的成功を治めた人たちのスピーチを聞ける場合もあります。そんな人たちとも言葉を交わしたいものです。


「スピーチ」を話のきっかけに
「先ほどのスピーチ、非常に感銘を受けました」

また、パーティーや異業種交流会では、立食パーティーの形式で、料理が振舞われることもあります。しかし、パーティーの目的はあくまで会話です。今まで出会えることの無かった人々と出会い、情報交換をする場だということを忘れず、食事にガツガツしすぎないことがビジネスマナーです。パーティー前に軽く食事を済ませておくといいでしょう。

パーティーなどの集まりは積極的に参加しよう。あなたの人生にプラスになるはず。