きいろわビズトップ > 職場以外・プライベートな時間の敬語の話し方

職場以外・プライベートな時間の敬語の話し方

  1. 先輩や上司の家に招かれたときの敬語の話し方
    職場で先輩や上司と仲良くなれば、休日に家に招かれることもあるでしょう。普段から親しい間柄だからといって、馴れ馴れしすぎる態度は良くありません。先輩や上司が「自分の家だと思ってくつろいで」と言ってもハメを外し過ぎないよう配慮しましょう。
  2. パーティーや異業種交流会に出席したときの敬語の話し方
    パーティーや異業種交流会など、面識の無い社会人の集まりでも敬語は欠かせません。親しい友人同士の集まりであれば日常の崩した話し方でも構いませんが、初対面や年上の人が多く集まるパーティーでは上下関係をわけまえた話し方を心がけましょう。
  3. 結婚式での敬語の話し方 - 忌み言葉(いみことば)を使わない
    社会人になり、ある程度の年齢になれば同い年の友達や同僚、会社の上司や先輩の結婚式に呼ばれることも増えてきます。両家のご両親や年配の方々に敬語を使うことは常識ですが、うっかりミスしてしまいがちなのが「忌み言葉」を含んだ会話です。
  4. お見舞いへ行ったときの敬語の話し方
    お見舞いで大切なのは相手に対する思いやりです。お見舞いは本来相手にとってもうれしいことですが、場合よっては負担になってしまいます。敬語の言葉遣い、言い回しにも注意しましょう。
  5. 葬式、お悔やみの言葉の敬語の話し方
    人が死んだという知らせを訃報(ふほう)といいます。対面や電話で訃報を連絡を受けたら、まずはお悔やみの言葉を述べます。お悔やみの言葉とは、亡くなった人を悼み悲しむ気持ちをこめて述べる言葉です。