きいろわビズトップ > 他社訪問・来客・商談の敬語の話し方

他社訪問・来客・商談の敬語の話し方

  1. 訪問・来客の流れと基本マナー
    他社に訪問時、また自分の会社に来客が来た時、あなたに求められるのは、「会社の代表」としての対応です。訪問・来客の流れを理解して正しいビジネスマナーを身に付けましょう。
  2. 会社の受付にお客様が来たときの敬語の話し方
    会社に来客がきたら積極的に挨拶をしましょう。自分が受付でなかったり、自分のお客様で無いからといって無視してはいけません。あらかじめ来社することがわかっているお客様なら、社名と名前を復唱して、挨拶の後、担当者へ取り次ぎます。
  3. 会議室や応接室に案内するときの敬語の話し方
    来客は、あなた自身のお客様でなくても、会社にとって大事なお客様です。訪問時に受ける接客に仕方で会社の印象は大きく決まります。好意を持ってもらえる案内を心がけ信頼できる会社であることをアピールしましょう。
  4. アポなしの来客を断る敬語の話し方
    会社には、様々な人が訪れます。事前に約束の上来社される方もいれば、アポイントなしで突然来社される方もいます。アポなしでお客様が来社された場合、目的の担当者がいなかったり、面会の申し出を代わりに断って欲しいと依頼される場合があります。
  5. 接客中の会議室に入るときの敬語の話し方
    仕事をしていると緊急の用事で担当者に対応を依頼する場面が出てきます。その担当者が取り込み中だった場合、どう対応すればいいでしょうか?今回のビジネス会話は、会議室で接客中の担当者の取次ぎをする場合の敬語の話し方です。
  6. 他社を訪問するときの敬語の話し方
    他社に訪問する場合、あなたは会社の代表です。失礼のないビジネス会話をマスターしましょう。訪問先に着いたら、受付で挨拶をして取次ぎを依頼します。取次ぎを依頼するときに伝えることは、「自分の社名と名前」「何時に誰と約束をしているか」です。
  7. 名刺交換をするときの敬語の話し方
    自分の会社にお客様が訪問した際や、あなたが他社に訪問した際、初めて会う相手と面談する場合、名刺交換が必要になります。なにごとも第一印象が大事です。粗相のないスマートな名刺交換術を身に付けましょう。
  8. 取引先と上司を紹介するときの敬語の話し方
    取引先と仕事を進めていくと、あなたの上司を紹介する機会が訪れるときがあります。初対面の2者を紹介するときにも定番のフレーズや、ビジネスマナーがあります。社外の方と身内を引き合わせる場合、まず、身内(社内)の人間を紹介します。
  9. 雑談でアイスブレイクして、商談を和やかにこなそう
    アイスブレイクとは、文字通り、堅い氷を壊す(溶かす)ように、お互いの緊張をほぐすことです。商談前の軽い雑談は、相手の警戒心を解き、商談をうまく進める、アイスブレイクの効果があります。
  10. 営業トーク、商談導入の会話術
    商談に入る前に、うまくアイスブレイクできたら、いよいよ本題です。話題を本題に移す言い回しで、商談を開始します。最初は、いきなり商品やサービスの説明をせず、商談の内容を簡単に説明します。
  11. 商談で「即答できないこと」を聞かれた時の話し方
    商談では、無理難題や一人では即答できない頼み事をされることもあります。値引きや納期を早めて欲しいなどの、自分ひとりで判断できない依頼は、定番フレーズで切り抜けましょう。
  12. 契約不成立!提案を断られたときの話し方
    どんなに上手に商談しても、必ず互いの利害が一致するとは限りません。とくに新人にうちは、提案を断られることに慌ててしまいがちです。できるビジネスマンは、これはチャンスと捉えます。相手の本音を聞きだしましょう。
  13. クロージングの会話術を駆使して、契約を結ぼう
    商談もいよいよクライマックス、あとは契約を結ぶだけ。そんな段階まで話を進めても、詰めが甘いばかりに契約がまとまらないことがあります。契約がなかなか取れない人は、クロージングテクニックを磨くといいでしょう。
  14. 商談が成立したら、お客様を安心させて好感度アップ
    「せっかく苦労して契約を取ったのに、後日キャンセルの電話が入った」なんて事は、できるビジネスマンにだって度々あるものです。キャンセルの理由はいろいろあるでしょう。本音を話してくれる場合もあれば、でたらめな理由でキャンセルされることも。
  15. 商談終了、退席時の敬語の話し方
    商談をすると相手に仕事の熱意を伝えることはできます。ただあなたの人柄までは、商談だけで分かってもらうことは難しいものです。あなた自身を好きになってもらえれば、商談が成立する可能性は上がります。用件が済んだら、軽い雑談をはさむのもいいでしょう。